2018年04月29日

忙しさは充実の証

こんにちは!きょうごさんから、ゆるふわ系マネージャーとの紹介をいただきました、2回生の平賀由起です!!最近某次期主将に(りなさんと合わせて)ヤンキーマネージャーコンビと呼ばれました。ゆるふわとはって感じですね😀2回生トップバッターということで、真面目に書きます。(笑)タイトルの通り、去年1年間の私の生活を少しお話したいと思います!




①実家生

私事ですが、きょうごさんもおっしゃっていた通り、この春から下宿を始めました👏

大阪の(どちらかといえば)南の、実家から通えなくはない距離に住んでいたので、去年1年間は実家生でした!定期圏内に大阪の中心地、難波・梅田が入ってるとか、遊びまくるしかないやんと思っていたのも束の間朝は通勤ラッシュに飲まれ、夜は酔っ払いに囲まれる往復3時間の毎日が始まりました。はんぱないです。乗り換えは全力です。はんぱないです。(バレー部に来てくれる1回生の実家生率の低さに驚いてます)


②教職

大学生のうちに取れるもん取っとこ~っていう気持ちで教職も取り始めて、豊中でしか開講されない20単位を1年間で取りきるために、6限や土曜も授業を受けました。授業自体は比較的楽ですが、キャンパス移動勢の教職は死にもの狂いです。


③部活

中高一貫校で6年間吹奏楽を続けたので、大学では、高校の時にしたかったマネージャーをしよう!と思って、いろんな部活を転々としました🏃‍♀️とは言っても、見学や体験に行く時間もたくさんある訳ではなかったので、バレー部には、新歓期の最後の最後(5月中旬)に来ました。水曜6限後に、第二体育館がわからなくて、釣具らしきものを持った人たちに教えてもらい、ようやっとバレー部にたどり着いたら練習終わりかけだったの、今でもしっかり覚えてます(笑)それでも、初めて目の前で男子バレーを見て、プレイヤーはもちろん、マネージャーがめちゃくちゃかっこよかったのも覚えてます。マネージャーするなら部活!と決めていたこともあり、すぐ入部を決めました!




長々と話しましたが、結局何が言いたかったかというと、せっかくの大学4年間、やれること全部やっとかないともったいない!!ということです!毎日毎日忙しいなぁと思うこともありますが、毎日毎日暇してるより断然こっちの方が楽しいです😤


874799D7-A106-4354-9862-7A52FD19456D.jpg


まだ(もう?)入部して1年ですが、バレー部入ったことは後悔していません。本気でバレーに取り組む人たちを1番近くで見ているので、いつも元気をもらってます!ありがとうございます🙊これからも全力でサポートしていく所存ですので、新入生のみなさんもぜひ一度遊びに来てくださいね!!



さて、次は(自称)カナダのハーフのじゅんじです!面白い資料を見つけたので引用しておきます🙌

山田ジュンジ(19)

顎が長いこと以外自分は完璧であると信じて疑わない勘違いボーイ。自分に彼女ができない原因が、そのジャイアン的性格にあると微塵も悟っていない点もまたイタい。

“ナナコ.T(2018)”



posted by 阪大バレー部 at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。